疑問の解消から

分からないことをそのままにしていても意味はありません。終活を始めようと考えている人は、すぐに疑問点の解消に取り組みましょう。終活に関するQ&Aをチェックしておけば、より確実に準備を進めることができるのでおすすめです。

終活に関するQ&A

どのような準備をするの?

一般的に多くの人が、終活を死ぬための準備だと捉えています。しかし、実際は人生について考えることを重要視しているのです。自分の残りの人生についてしっかりと見つめます。残りの人生をどのように生きていくのか考える良い機会になるでしょう。人生をポジティブに捉えることができます。

遺言は必ず必用?

終活をしていない人の多くが、遺言や遺書を残すことができずにこの世を去ってしまうと言われています。また、遺言を残しておくことによって、遺産の相続などによる争いを防ぐことができるのです。残された家族の関係を悪化させないためにも、遺言は書いておくべきでしょう。

何を始めたら良いの?

基本的に、人生について考える機会は限られてきます。その為、終活をしようとしても、何から始めれば良いのか分からずに困ってしまう人も多いのです。まずは、エンディングノートを書くことから始めると良いでしょう。一般的な書店にも売っているので、簡単に手に入れることができます。

物は残さないほうが良い?

趣味で集めていた道具や物などを処分するべきか困っている人も多いでしょう。これは、家族と相談してく決めるのが一番です。残された家族の負担になるような物は処分した方が良いでしょう。また、財産になるような物は残しておいても構いません。残された家族のことを考えながら整理しましょう。

[PR]家族葬なら柏原市の業者へ
親身になって対応してくれる

[PR]大阪で葬儀業者を探している
24時間電話対応可能

[PR]組織サーベイを導入しよう
サービス内容を要チェック!

[PR]葬儀は埼玉の業者に依頼
ペットの終活を対応可能☆

[PR]成田で好評な葬儀場をいくつも紹介
終活に必要な情報が満載☆

終活をスムーズに進めるための葬儀に関する知識

葬儀

どのような葬儀にするか

埼玉や大阪では、終活する人が増えてきています。何事にも、事前の準備が大切なのです。基本的に葬儀について考えることも多いでしょう。一般的な葬儀にするのか、それとも家族葬にするのか迷っている人もいるのです。葬儀に関して決めておくことで、余裕を持って終活を進めることができます。葬儀に必用な資金もしっかりと用意できるようになるでしょう。

家族と一緒に進める

終活を1人で進めることは、とても難しいでしょう。様々な問題が発生します。その為柏原市では、家族と一緒に終活を行う人がほとんどなのです。家族の力を借りることによって、終活を成功させることができます。遺産などの相続でも、揉めることがなくなるでしょう。終活を考えている人は、家族と相談するようにします。きっと協力してくれるでしょう。

不安を取り除く

予定を立てることによって、不安を解消することができます。最近では経営者が終活に取り組むことも増えているのです。会社を経営している人は、会社の今後について心配していることも多いのです。また、自分が退いた後も、残された従業員が快適に働ける環境を用意することが重要でしょう。事前に組織サーベイなどの便利なサービスを導入しておけば、安心して引退することができるでしょう。

基本的な葬儀の流れ

ご臨終から打ち合わせ

病院でご臨終となった場合、死亡診断書の受け取りが必用です。病院以外なら、死体検案書の受け取りが必用となります。その場合は警察等に依頼しましょう。また、自宅や斎場、霊安室などに遺体を安置します。遺体は枕飾りし、弔門と焼香を供えます。そして、専門業者と葬儀の日程や喪主などの打ち合わせを行うのです。

通知とお通夜

葬儀の日程などについて、親類や友人、関係者に通知します。終活などで事前に連絡先をまとめておくと良いでしょう。近隣への挨拶も行います。遺体を納棺し、遺品なども一緒に収めておくようにしましょう。必用な遺品を選んでおくと便利です。お通夜では、弔門客の対応や読経、通夜振舞いを行います。

告別式と出棺

告別式では弔事や弔電などの拝読を行うでしょう。また、遺体との最後の対面も行われます。親族によって棺に花を収めましょう。喪主が謝辞を述べてから、位牌や遺影と共に火葬場に移動します。霊柩車や廃車に分乗して移動するのが一般的でしょう。位牌や遺影を持つ人も決めておくようにします。

火葬から精進落し

火葬場では荼毘に付します。案内が終わってから火葬を始めますが、その間は控室で待機するのです。火葬後に遺骨を箸で骨壷に収めていきます。最後に埋葬許可証を受け取ります。また、初七日法要や精進落しなども行います。法要後には、喪主の挨拶も必用となります。これが一般的な葬儀の流れなのです。

広告募集中